グループホームでの介護

グループホームを知っていますか。グループホームとは認知症患っている方がも人から9人程度の少人数で生活をする共同住居です。認知症ケア専門の介護スタッフが入居者一人ひとりに寄り添った介護を行い、心身の状態を穏やかに普通の生活を過ごせる環境を作り出せる場です。家族に面倒かけたくない、家族だけの認知症介護にはもう限界だ、専門的な街を受けたいと言う方向けに作られたのはグループホームです。グループホームを選ぶ際にはまずは見学に行くことから始めてみてください。請求した資料だけを見て決めるのは早計です。設備や施設はもちろんのことスタッフの雰囲気、空気感などを実際に感じてから決めてください。また日曜の介護での生活相談などを受け入れて受け付けてくれる場所もあるのでそういった相談場所を利用してみるのもいいと思います。グループホームでは例えば麻雀をして趣味の時間を楽しんだり、餅つきなど季節に合わせたイベントが行われたり、地域の幼稚園や保育園、小学生を招いて地域とのつながりを持ったりしています。グループホームの大まかな1日ですがまず起床は朝の6時ごろです。7時位に朝食を済ませその後お茶タイムは買い物の時間もあったりします。12時に昼食、その後体操やおやつタイムがあり4時ぐらいから入浴タイムがありますその後6時位夕食を食べ夜9時前に就寝します。今までの家庭生活の流れを壊さないような主体性のある生活を送ってもらえるための生活を支えるのがグループホームの役割です。リョウシンjv錠効かない


コメントを残す